「浄土真宗の旧跡紹介」

地名「砺波市」

「谷内川の雑魚」

砺波市の谷内川(庄川支流)の近くに、親鸞聖人のお弟子が住んでいた。
この人が、弘長2年(1262)に親鸞聖人が亡くなったことを、ちょうど谷内川で雑魚を捕らえ、はらわたを取って洗っていた時に聞いた。 (本文を読む)