「浄土真宗の旧跡紹介」

地名「氷見市」

「臼が峰の親鸞聖人銅像・旧跡」

臼が峰(うすがみね)に「親鸞聖人御旧蹟」の標石があり、戦前には銅像も建てられていた(戦時中に供出)という。
この地の伝説では、承元の法難(1207年)によって越後へ向かう道中の親鸞の前に、1人の童子が現れて、言った。 (本文を読む)