「浄土真宗の旧跡紹介」

地名「射水市」

「蓮如上人の巻物」

今から150年ほど前、大島村の某所、八兵衛の家から火事が起こった。
「何とか蓮如さまから頂いた巻物をお救いせねば」と人々は家を取り巻いたが、猛火を前にどうすることもできなかった。 (本文を読む)

「勝光寺の石碑」

八幡町(はちまんまち)の勝光寺には、親鸞聖人がここを通って小休止されたという伝えがある。 (本文を読む)

「練合の足洗場」

親鸞聖人が、今の海老江練合(えびえねりや)を通行の時、足を洗って旅の疲れを癒された。
そこで足洗(あしあらい)という地名ができたと伝えられている。 (本文を読む)