「浄土真宗の旧跡紹介」

地名「下新川郡朝日町」

「親鸞聖人のケヤキ」

横尾(よこお)に、「親鸞腰掛石」が伝わっている。 (本文を読む)

「明光寺の屏風岩」

親鸞聖人は承元の法難(1207年)によって越後国へ赴く途中、朝日町宮崎(みやざき)の九里藤太夫に一夜の宿を請われた。ところが藤太夫は神官 だったため、「僧侶を宿泊させることはできない」と言われ、やむなく聖人は宮崎の西隣の和倉という所で大石にもたれて一夜を明かされた。 (本文を読む)

「親鸞聖人の清水」

親鸞聖人が承元の法難により越後への道中、宮崎(みやざき)に至り、水を所望した。ところが相手は、「水が濁っているから」と、1杯もくれなかった。そこで親鸞聖人が杖で足元を3度突くと、コンコンと清水が湧き出てきた。 (本文を読む)

「親鸞聖人腰掛けの石」

親鸞聖人が承元の法難(1207年)で越後配流の道中、腰をかけて休憩の後、ここまで送ってきた越中の3人の僧に別れを告げたという石が、泊(とまり)にある。 (本文を読む)

「上横尾の菩提樹」

朝日町にも、親鸞聖人の菩提樹伝説が伝わっている。
以下のように紹介されていた。 (本文を読む)