「浄土真宗の旧跡紹介」

地名「下新川郡宇奈月町」

「槍跡のある御名号」

一向一揆の勢いが吉崎御坊周辺にまで及んできた時、蓮如上人は、大切なお聖教等を守るために、弟子に持たせて各地に避難させられた。 (本文を読む)

「馬乞の御名号」

吉崎御坊が建立された当時、越前の守護大名・朝倉孝景(敏景)は蓮如上人に帰依し、しばしば吉崎に参詣していた。その愛馬はいつも、道場へ通じる特別の渡り廊下近くの厩に繋ぎ止められることになっていた。
ある日、蓮如上人が説法のために、この渡り廊下を通られた際、馬がしきりに頭を下げていた。 (本文を読む)