「浄土真宗の旧跡紹介」

地名「下新川郡入善町」

「盆踊り歌」

『入善町史』に、「歓喜嘆」という歌が紹介されている。

この「述」に、「願うべきは後生の一大事、たのみ奉るべきは弥陀の本願なり」とあり、浄土真宗の信心を七・七調で歌ったものらしい。真宗王国・越中富山では、幕末の民衆娯楽隆盛の機運にのって、盆踊り歌の一つとして広まったことが書かれている。 (本文を読む)

「小摺戸の親鸞聖人腰掛石」

小摺戸(こすりど)と新屋(あらや)の道筋にある赤石にまつわる伝説である。
親鸞聖人が通行の時、黒部川が増水し、渡ることができなかった。 (本文を読む)