「柳町の親鸞聖人腰掛石・御手付石」

承元元年(1207)、親鸞聖人が越後へ向かわれる途中、柳町(やなぎまち)の極成寺へ立ち寄り、恵明院(後、教順房と改称)と歌問答の末、真言宗より真宗へ改宗させた。その際、親鸞聖人が休息されたのが「腰掛石」で、指の跡の残ったのが「御手付石」である。
元々、「腰掛石」「御手付石」双方は、門前に柵で囲まれ露座の状態であったが、戦後、前者は石碑の土台石に使用され、後者は本堂内に逗子に入れられて安置された。

(『富山市史』通史〈下巻〉より)
富山県富山市