「浜黒崎の親鸞聖人腰掛け松」

承元の法難(1207年)によって親鸞聖人が越後配流の道中、越中浜街道を通り、浜黒崎(はまくろさき)の松の下に腰を下ろして旅の疲れをいやされたといわれる。
この松が、「親鸞聖人腰掛けの松」として伝えられている。

(『富山市史』通史〈下巻〉より)
富山県富山市