浄土真宗関連年表

浄土真宗に関連した事項の年表です。

和暦 西暦 年齢 事項
承安3 1173 (親鸞)

1

親鸞、誕生
安元1 1175 3 法然、浄土宗開創
安元2 1176 4 親鸞、このころ、父と別離か
治承1 1177 5
治承2 1178 6
治承3 1179 7
治承4 1180 8 親鸞、母と死別。平重衡、東大寺・興福寺を焼く
養和1 1181 9 親鸞、出家得度
寿永1 1182 10
寿永2 1183 11
元暦1 1184 12
文治1 1185 13
文治2 1186 14 大原問答
文治5 1189 17
建久2 1191 19 親鸞、聖徳太子廟に参籠(磯長の夢告)。栄西、宋より帰国し、臨済禅を伝える
建久3 1192 20 慈円、天台座主(~1196)
建久5 1194 22 延暦寺、栄西らの禅の布教禁止を訴える
建久7 1196 24
建久9 1198 26 法然、『選択本願念仏集』を著す
正治1 1199 27
正冶2 1200 28 将軍頼家、念仏を禁ず
建仁1 1201 29 慈円、2度めの天台座主(~1202)。親鸞、比叡山を下り、六角堂での祈願、救世観音の夢告を受ける。法然門下に入る
建仁2 1202 30 比叡山と興福寺が衝突
建仁3 1203 31 親鸞、肉食妻帯
元久1 1204 32 法然、比叡山からの圧力に対し、「七箇条制誡」を送る
元久2 1205 33 興福寺奏状。比叡山も念仏禁断を奏上
建永1 1206 34 親鸞、三大諍論。法然弟子の法本・安楽を処罰。興福寺、重ねて念仏停止を訴える
承元1 1207 35 承元の法難=吉水解散、念仏停止、4人死罪、8人流罪(法然は土佐へ、ただし10カ月後に赦免。親鸞は越後へ)
建暦1 1211 39 後鳥羽上皇、四天王寺の念仏法会を停止。法然・親鸞の流刑が解かれ、法然は京都帰還
建暦2 1212 40 慈円、3度めの天台座主(~1213)。法然、死去。『選択本願念仏集』刊行。明恵、『摧邪輪』を著す
建保1 1213 41 慈円、4度めの天台座主(~1214)
建保2 1214 42 親鸞、上野国佐貫にて浄土三部経を読誦するが中止し、常陸国に赴く
建保5 1217 45 日野左衛門尉頼秋、親鸞の弟子となる(入西房)
承久1 1219 47 後鳥羽上皇、念仏を取り締まる
承久2 1220 48
承久3 1221 49 山伏・弁円、親鸞の弟子となる(明法房)。聖覚、『唯信鈔』を著す
元仁1 1224 52 『教行信証』成立。延暦寺の訴えにより、念仏禁止。覚信尼、誕生
嘉禄1 1225 53 定照、『弾選択』で『選択集』を批判。慈円、死去
嘉禄2 1226 54 隆寛、『顕選択』で『弾選択』に反論
安貞1 1227 55 比叡山の暴徒、法然の墓を破壊。隆寛・幸西・空阿が流される。比叡山、念仏停止を朝廷に要求。道元、宋より帰国し、曹洞禅を伝える
寛喜3 1231 59 親鸞、発熱して床に伏し、病床で42歳時の三部経読誦中止を恵信尼に語る
貞永1 1232 60
文暦1 1234 62 念仏禁止令。教雅法師、京都追放
嘉禎1 1235 63 幕府、念仏禁止令。如信、誕生
延応1 1239 67
仁治1 1240 68 延暦寺、浄土仏教を迫害し、念仏停止を幕府に要求
仁治2 1241 69 親鸞門弟・平太郎、熊野で霊夢を見る
寛元2 1244 72
宝治2 1248 76
建長2 1250 78
建長4 1252 80
建長6 1254 82 このころ、日蓮、鎌倉で布教開始
建長7 1255 83 善鸞が親鸞の弟子や同行を幕府・六波羅に告訴。このころ、関東の同行数名が、京都の親鸞の元を訪ねる。
康元1 1256 84 親鸞、善鸞を義絶
正嘉1 1257 85
正嘉2 1258 86
正元1 1259 87
文応1 1260 88 日蓮、『立正安国論』を著し、前執権・北条時頼に献上
弘長1 1261 89 日蓮、伊豆に流刑
弘長2 1262 90 親鸞、入滅。覚信尼が、越後の恵信尼へ手紙で知らせる
弘長3 1263 恵信尼、覚信尼への返信で、親鸞への尊敬の念をつづる
文永7 1270 (覚如)1 覚如、誕生
文永8 1271 2 日蓮、佐渡流罪
文永9 1272 3 覚如の母、死去。大谷の親鸞墓を移し、堂を建て、親鸞影像を安置する
弘安6 1283 14 覚信尼、親鸞廟堂留守職を覚恵に譲り、死去か
正応3 1290 21 覚恵・覚如、東国下向
正安2 1300 31 如信、逝去
延慶3 1310 41 覚如、大谷留守職に就任
元弘2・正慶1 1332 63 覚如、如信33回忌を勤め、二十四輩を選ぶ
正平6・観応2 1351 82 覚如、入滅
正平7・文和1 1352 延暦寺衆徒、大谷廟堂の破却を図るが、青蓮院の指令で中止
応永20 1413 近江国堅田の法住、初めて大谷本願寺に参詣するが、寂れた様子に失望して仏光寺へ
応永22 1415 (蓮如)1 蓮如、誕生
応永27 1420 6 蓮如生母、鹿子御影を描かせ、本願寺を去る
永享1 1429 15 蓮如、真宗再興の志を立てる
文安4 1447 33 存如・蓮如、東国布教
宝徳1 1449 35 存如・蓮如、北陸布教
長禄1 1457 43 蓮如、本願寺法主を継ぐ
寛正2 1461 47 蓮如、金森道西の求めにより、初めて「御文(御文章)」を書く
寛正6 1465 51 延暦寺、本願寺を破却
応仁2 1468 54 延暦寺、近江堅田を襲撃。蓮如、北陸・東国布教
文明3 1471 57 蓮如、越前国吉崎に、坊舎を建立
文明5 1473 59 蓮如、「正信偈」「三帖和讃」を出版。東国布教に赴くが、越中瑞泉寺にて中止
文明6 1474 60 吉崎御坊、火災。本光房了顕の殉教
文明7 1475 61 蓮如、吉崎を去り、河内国出口へ
文明10 1478 64 蓮如、出口から山城国山科へ移る
文明11 1479 65 山科本願寺、工事始まる
文明13 1481 67 仏光寺経豪、本願寺へ帰参する
文明14 1482 68 山科本願寺、完成
長享2 1488 74 加賀一向一揆、守護・富樫政親を自害させる。蓮如、一向一揆の乱暴を制する
明応5 1496 82 蓮如、摂津国大坂の地を入手し、坊舎建立始まる
明応6 1497 83 大坂坊舎完成
明応8 1499 85 蓮如、入滅
天文1 1532 山科本願寺、日蓮宗徒に襲撃され、炎上。大坂へ移る
永禄6 1563 三河一向一揆
元亀1 1570 顕如、諸国の門徒に檄を飛ばし、織田信長と対決。伊勢国長島一向一揆
天正2 1574 織田信長、長島一向一揆を平定
天正3 1575 信長軍、越前一向一揆を攻め、門徒1万数千人を殺戮
天正8 1580 石山戦争、講和。柴田勝家、加賀一向一揆を平定
天正12 1584 羽柴秀吉、石山本願寺跡に築城
文禄1 1592 秀吉、本願寺に寺地を寄進し、京都に再建
慶長7 1602 徳川家康、隠居していた教如に寺地を与え、東本願寺を別立させる
寛政9 1797 三業惑乱事件、勃発
文化3 1806 「御裁断の御書」。三業惑乱終結